Linux

FileMaker: Linux 上で実行できますか?

By Jean-Luc Pircard , on 2月 16, 2024 , updated on 2月 16, 2024 - 1 minute to read
Notez-moi

Linux 上の FileMaker の利点

FileMaker は、Apple によって開発されたリレーショナル データベース管理ソフトウェア スイートです。これにより、ユーザーは特定のニーズを満たすカスタム データベースを作成および管理できます。最近まで、FileMaker は主に Mac OS および Windows プラットフォームで利用できました。ただし、バージョン 19 以降、FileMaker は Linux オペレーティング システムとも互換性があります。この記事では、Linux 上の FileMaker の利点を探っていきます。

Linuxとの互換性

Linux 上の FileMaker の主な利点の 1 つは、このオープンソース オペレーティング システムとの互換性です。これは、Linux ユーザーが別のオペレーティング システムに切り替えることなく、FileMaker スイートのすべての機能を利用できることを意味します。この互換性により新たな可能性が開かれ、Linux ユーザーに大きな柔軟性が提供されます。

安定性とパフォーマンス

Linux はその安定性とパフォーマンスで知られており、FileMaker などのミッションクリティカルなアプリケーションを実行するのに理想的な選択肢となっています。 Linux 上で FileMaker を実行することにより、ユーザーはスムーズなユーザー エクスペリエンス、高速なクエリ実行、優れた信頼性を享受できます。さらに、Linux はハードウェア リソースを効率的に管理できることで知られており、これにより、性能の低いマシンでも FileMaker を最適に実行できます。

安全

機密情報を含むデータベースを管理する場合、セキュリティは大きな懸念事項になります。 Linux は、堅牢なセキュリティと高度なセキュリティ機能で知られています。したがって、Linux 上で FileMaker を実行すると、追加のセキュリティ層が提供され、ユーザーはデータをより効果的に保護できるようになります。さらに、FileMaker はユーザー認証、アクセス権限、データ暗号化などの組み込みセキュリティ機能を提供し、システム全体のセキュリティを強化します。

経済

Linux はオープンソース オペレーティング システムです。つまり、無料で自由に変更できます。これにより、ユーザーはオペレーティング システムのライセンス料を支払う必要がなくなり、かなりの費用を節約できます。 Linux 上で FileMaker を実行することにより、ユーザーは FileMaker スイートの強力な機能の恩恵を受けながら、IT インフラストラクチャに関連するコストを削減できます。

柔軟性

Linux 上で FileMaker を実行することにより、ユーザーはハードウェアと展開環境をより柔軟に選択できるようになります。 Linux は幅広いハードウェアと互換性があるため、ユーザーはパフォーマンスを損なうことなく、古いマシンや性能の低いマシンを使用して FileMaker を実行するという選択肢があります。さらに、Linux はシステムのカスタマイズと構成に関して柔軟性も備えているため、ユーザーは特定のニーズに合わせて最適な作業環境を作成できます。

Linux 上での FileMaker の登場により、このプラットフォームのユーザーに新たな機会が開かれます。 Linux が提供する互換性、安定性、セキュリティ、経済性、柔軟性を活用することで、ユーザーは FileMaker スイートの強力な機能を最大限に活用できるようになります。プロジェクト管理、クライアント追跡、レポート作成など、Linux 上の FileMaker は、データベース管理のニーズに応える完全かつ信頼性の高いソリューションを提供します。

インストールと互換性

ファイルメーカーとは何ですか?

FileMaker は、FileMaker Inc. によって開発されたデータベース管理ソフトウェアのスイートです。これを使用すると、ユーザーは特定のニーズを満たすカスタム データベースを作成、管理、共有できます。 FileMaker は、使いやすさ、柔軟性、さまざまなプラットフォームで動作する機能で知られています。

Linuxとの互換性

長年にわたり、FileMaker は Mac OS X および Windows オペレーティング システムとのみ互換性がありました。しかし、Linux が人気のオペレーティング システムとして台頭するにつれ、多くのユーザーがこのプラットフォームと互換性のある FileMaker のバージョンを要求しました。残念ながら、現時点では FileMaker はネイティブ オペレーティング システムとして Linux をサポートしていません。

代替ソリューション

FileMaker は Linux ではネイティブに使用できませんが、このプラットフォームで FileMaker を実行するための代替ソリューションがあります。
1. 仮想マシンを使用します。 1 つのオプションは、Linux 仮想マシンを作成し、その中に Windows または Mac OS X をインストールすることです。したがって、FileMaker でサポートされているバージョンのいずれかを使用して、Linux 仮想マシン上で FileMaker を実行できるようになります。
2. ワインを使用します。 Wine は、Linux 上で Windows アプリケーションを実行できるようにする互換性レイヤーです。 FileMaker は Wine で正式にサポートされていませんが、一部の古いバージョンは Wine を使用して正常に動作する場合があります。 Wine を使用すると最適なパフォーマンスが得られず、互換性の問題が発生する可能性があることに注意することが重要です。
3. オープンソースの代替手段を使用します。 Linux を使用していてデータベース管理ソリューションが必要な場合は、MySQL、PostgreSQL、SQLite などのオープンソースの代替手段の使用を検討できます。これらのデータベース管理システムは FileMaker と同様の機能を提供し、Linux とネイティブ互換性があります。

FileMaker は Linux と正式に互換性はありませんが、このプラットフォームで FileMaker を実行するための代替ソリューションがあります。仮想マシンや Wine を使用することも、オープンソースの代替手段を選択することもできます。ただし、これらのソリューションには制限や互換性の問題がある可能性があることに注意することが重要です。特定のニーズがある場合、または最高のユーザー エクスペリエンスを探している場合は、ソフトウェアがネイティブにサポートするオペレーティング システムで FileMaker を使用するのが最適な場合があります。

Linux 上の FileMaker の将来

FileMaker は、ユーザーがカスタム データベースを作成、管理、共有できる強力なソフトウェア スイートです。最近まで、FileMaker は主に macOS と Windows ユーザーが利用できました。しかし、現在では Linux ベースのオペレーティング システムを使用しており、FileMaker に互換性があるかどうか、または将来 Linux で利用できるようにする予定があるかどうか疑問に思う人が増えています。

Linux 上の FileMaker の歴史

長年にわたり、FileMaker は macOS と Windows ユーザーのみが利用できるものでした。しかし、FileMaker も使用したいという Linux ユーザーからの需要が高まっていました。この需要に応えて、FileMaker は 2017 年に FileMaker Server for Linux をリリースし、Linux ユーザーが FileMaker Server でホストされているデータベースにアクセスできるようにしました。

A LIRE  トレンドマイクロは Linux システム向けにどのようなセキュリティ ソリューションを提供していますか?

ただし、FileMaker Server for Linux がリリースされても、Linux ユーザーはデスクトップ版の FileMaker Pro にアクセスできず、Web クライアントを使用するか、モバイルデバイス上の FileMaker Go を介してデータベースにアクセスする必要がありました。

将来の Linux 上の FileMaker

Linux 上の FileMaker の未来は明るいです。 2019 年 7 月、Claris (旧 FileMaker Inc.) は、FileMaker, Inc. の社名を Claris International Inc. に変更し、FileMaker に基づくアプリケーション開発プラットフォームの構築に注力すると発表しました。

Claris はまた、FileMaker を Linux を含む幅広いオペレーティング システムと互換性を持たせることが主な目標の 1 つであることも発表しました。 Claris は Linux 版 FileMaker のリリースの具体的な日付をまだ発表していませんが、このプラットフォームを優先事項として考えていることは明らかです。

Linux 上で FileMaker が利用可能になると、このプラットフォームのユーザーに新たな可能性が開かれます。潜在的な利点のいくつかを次に示します。

  • クロスプラットフォームの互換性: Linux サポートを追加すると、FileMaker ユーザーがさまざまなオペレーティング システムで作業したり、データベースを他の Linux ユーザーと共有したりすることが容易になります。
  • 材料選択の柔軟性: Linux は、サポートされるハードウェアに関して柔軟性が高いことで知られています。 Linux 上で FileMaker を使用すると、ユーザーは特定のニーズを満たすためにさまざまなハードウェアとオペレーティング システムから選択できるようになります。
  • 料金 : Linux は無料のオープンソース オペレーティング システムです。つまり、ユーザーは macOS や Windows ではなく Linux 上で FileMaker を使用することでコストを節約できます。

Claris が FileMaker を Linux を含む幅広いオペレーティング システムと互換性を持たせる計画を発表したことにより、Linux 上の FileMaker の将来は明るいと思われます。このような互換性は、選択したプラットフォームで FileMaker を使用できること、より優れたハードウェアの柔軟性で動作すること、コスト削減が実現できることなど、Linux ユーザーに多くのメリットをもたらします。 Linux 上の FileMaker のリリースの具体的な日付はまだありませんが、この互換性に関する Claris からの将来の発表に注目する価値があります。

Jean-Luc Pircard

Jean-Luc Pircard

Je suis un passionné de l'informatique qui aime les défis et les nouvelles technologies. J'aime découvrir de nouveaux systèmes et s'améliorer constamment.

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.