Linux

Linux のヒント: システムのパフォーマンスを向上させるこの素晴らしいトリックをご存知ですか?

By Jean-Luc Pircard , on 2月 16, 2024 , updated on 2月 16, 2024 - 1 minute to read
Notez-moi

Sommaire

Linux のパフォーマンスを向上させる秘密のトリックを発見

オペレーティング システムの最適化は、システム管理者と上級ユーザーにとって生涯にわたる探求です。 Linux は柔軟性と構成可能性で知られており、パフォーマンス向上の大きな可能性を秘めています。ほとんどの場合、特定のヒントを知っておくと、うまく機能するシステムと非常にうまく機能するシステムの違いが生まれます。今日取り上げるトリックが「秘密」であると考えられているのは、それが隠されている、または知られていないからではなく、むしろ多くの Linux ユーザーによって見落とされがちであるためです。さっそく、あなたの Linux エクスペリエンスを変えるこの方法を見てみましょう。

システムの核心: Linux カーネルを理解する

タスク計画システム (スケジューラー)

Linux システムを最適化するための最初のステップは、タスク スケジューリング システム (スケジューラー) を理解することから始まります。 Linux スケジューラを使用すると、各プロセスに割り当てられたプロセッサ時間を管理できます。その動作を調整すると、特に複数のコアとスレッドを備えたシステムのパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。ワークロードに合ったスケジューラを選択することで、システムの応答性と効率を大幅に向上させることができます。

IRQ のセットアップ

見落とされがちなもう 1 つの側面は、割り込み (IRQ) の設定です。分散が正しくないと、競合や速度低下が発生する可能性があります。ヒントとしては、特定の IRQ を特定のコアに割り当てて、特にネットワーク カードやディスク コントローラなどの重要なデバイスの割り込みへの応答を最適化することです。

ファイルシステムの最適化

ファイルシステムの選択

ファイル システムの選択は、システムのパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。 Ext4、XFS、Btrfs などのさまざまなファイル システムは、独特の機能とパフォーマンス上の利点を提供します。特定のニーズに最も適したものを選択することが重要です。

取り付けオプション

ファイル システムのマウント オプションを使用すると、その動作をカスタマイズできます。ファイル アクセス時間が更新されないようにする「noatime」などのオプションを使用すると、ディスク アクセスが減少し、機械式ハード ドライブのパフォーマンスが向上します。

メモリ管理

スワッピー性とキャッシュ

「swappiness」パラメータは、カーネルがスワップ領域を使用する傾向を制御します。値を低くすると、システムはより多くの DRAM を使用するようになり、システムの応答性が向上します。さらに、システムのキャッシュ管理を微調整してメモリ使用量を最適化することができます。

コアコンピレーション

カスタム構成

独自のカーネルをコンパイルするのは困難な作業のように思えるかもしれませんが、パフォーマンスを最適化するための頼りになる方法です。カーネル構成を正確なハードウェアとニーズに合わせて調整することで、不要なモジュールを削除し、CPU 固有の最適化を有効にすることができます。

強力な構成の例



# パフォーマンス オプションを使用したファイルシステムのマウント

  1. /dev/sda1 / ext4 noatime,nodiratime,discard 0 1



# メモリを最適化するためのカーネル設定



vm.swappiness=10
vm.dirty_background_ratio=5
vm.dirty_ratio=10




エコー 2 > /proc/irq/IRQ_NUMBER/smp_affinity


ファイル システムの最適化: 変革をもたらすもの

ファイルシステムを理解する



最適化に入る前に、ファイル システムについて明確に理解しておく必要があります。ファイル システムは、ハード ドライブ、SSD、仮想ディスクなどのストレージ デバイス上のファイルを保存、整理、およびアクセスするために設計された方法およびデータ構造です。 Windows の NTFS、Linux の EXT4、または XFS のいずれであっても、各ファイル システムには独自の特性と最適化があります。

ファイルシステム最適化の重要性

パフォーマンス


ファイル システムを最適化すると、データ アクセスのパフォーマンスが大幅に向上します。これには、読み取りおよび書き込み時間の高速化、アクセス時間の短縮、キャッシュ管理の改善などが含まれます。

信頼性


最適化により、ファイル システムの信頼性も向上します。これは、エラーを防止し、データ破損のリスクを軽減し、ファイル回復メカニズムを改善するのに役立ちます。

ディスク容量の使用量


最適化されたスペース管理により、断片化とも呼ばれる無駄なディスクスペースが削減され、利用可能なスペースがより効率的に使用されます。

スケーラビリティ


最適化されたファイル システムは、パフォーマンスを低下させることなく、ワークロードとデータ量の増加にうまく対応できます。

ファイルシステムを最適化する方法

適切なファイル システムの選択


目的の用途に最適なファイル システムを選択することが重要です。たとえば、大量のデータの場合は、スケーラビリティと高度な機能により、Linux 上の Btrfs や ZFS などのファイル システムが適している場合があります。

デフラグ


デフラグは、ディスクに保存されているデータを再編成して連続した状態にし、ファイルにアクセスしやすくするプロセスです。

ファイルシステムのセットアップ


マウント オプションとカーネル設定を調整すると、オペレーティング システムがファイル システムと対話する方法を最適化できます。

キャッシュとメモリの最適化


キャッシュを調整すると、アクセスを高速化するために頻繁に使用されるデータをメモリ内に保持するなど、パフォーマンスが大幅に向上します。

監視とメンテナンス


定期的なファイル システムの監視とプロアクティブな介入 (エラー修復など) は、最適化戦略の重要な要素です。

最適化戦略の例

ここでは、NTFS ファイル システムを備えた Windows 環境に基づいて、ファイル システム最適化戦略を実装するための簡略化された手順を示します。

  1. ニーズを評価する: システムの予想される使用法とパフォーマンスのニーズを決定します。
  2. 正しいファイルシステムを選択してください処置: NTFSが問題のジョブにとって正しいファイルシステムであることを確認してください。
  3. 監視の設定: リソース モニターやイベント ビューアーなどのツールを使用して、ファイル システムの健全性とパフォーマンスを追跡します。
  4. メンテナンス作業を実施する: デフラグ ツールを実行するか、Windows の「ドライブの最適化」ユーティリティを使用してファイルを再編成し、アクセス パフォーマンスを向上させます。
  5. システム設定を調整する: 必要に応じて、ページング ファイル サイズなどの設定を変更するか、圧縮や暗号化などの機能を有効にします。
  6. 通常のメンテナンス: 定期的なディスク チェックをスケジュールして、潜在的なファイル システム エラーを検出して修復します。



ファイル システムの最適化は、軽視できる作業ではありません。これは、データの保存と管理の方法に革命をもたらす可能性のある、大きな影響力を持つ介入です。ファイル システムが適切に機能すると、パフォーマンス、信頼性が向上し、最終的にはコンピュータ システムの効率が向上します。 IT リソースの使用を最適化しようとしている組織にとって、これは間違いなく変革をもたらします。

カーネルパラメータを調整して効率を最大化する

カーネルパラメータを調整して効率を最大化する

コンピュータ システム管理において、OS カーネル (オペレーティング システム) のパフォーマンスは、コンピュータ全体の効率に影響を与える重要な要素です。カーネルはオペレーティング システムの中心であり、アプリケーションとコンピュータ ハードウェア間のリンクを提供します。したがって、カーネル パラメータを調整 (チューニング) することにより、Windows であっても Linux であっても、システムのパフォーマンスを最大化することができます。最大の効率を達成するには、さまざまなコア調整変数とテクニックを理解し、習得することが不可欠です。

A LIRE  Linux のヒント: この独創的なハックが生産性に何をもたらすかは、決して想像できないでしょう。

カーネルの基本を理解する

調整を行う前に、カーネルの役割と機能を理解しておくことが重要です。これは、メモリ管理、I/O (入出力) 処理、マルチタスクなどのいくつかの重要な側面を担当します。各オペレーティング システムにはそれぞれ特有の特徴がありますが、基本的な概念はほぼ同様です。

調整可能なパラメータの特定

調整可能なカーネル パラメータには次のものが含まれます。

  • 仮想メモリの制限。
  • プロセッサーのスケジューリング (スケジューラー)。
  • バッファとキャッシュの管理。
  • ネットワーク設定;
  • 入出力メカニズム。

Linux のチューニング手法

Linux では、コマンドを使用して実行時にカーネル パラメータを一時的に調整できます


sysctl

またはファイルを編集して永続的に


/etc/sysctl.conf

。一般的な調整例をいくつか示します。



  # ネットワークバッファサイズの調整
net.core.wmem_max = 1048576
# 開くファイル数の制限
fs.file-max = 2097152

これらの設定を最適化するには、アプリケーションの動作を理解し、変更の影響を評価するための系統的なアプローチが必要です。

Windows での最適化

Windows には、レジストリ エディターまたはパフォーマンス モニター (perfmon) ツールを使用してパフォーマンスを調整するためのオプションも用意されています。たとえば、仮想メモリ設定を調整したり、デスクトップ アプリケーションやバックグラウンド サービスのパフォーマンスを微調整したりできます。

コアチューニングのベストプラクティス

カーネルのチューニングには注意して取り組む必要があります。推奨される実践方法をいくつか示します。

  • 各変更の前後を測定して、その影響を理解します。
  • 段階的に変更を加え、徹底的にテストします。
  • 以前の設定のバックアップを保存してください。
  • 変更内容を追跡するために各調整を文書化します。

効率を最大化するためにカーネル パラメータを調整することは複雑な作業であり、パフォーマンスが大幅に向上する可能性があります。ただし、システムの正確な理解、変更の厳密な追跡、徹底的なテストプロセスが必要です。 Windows および Linux のシステム管理者は、説明されているツールと方法を使用して環境を最適化できます。ただし、パフォーマンスと安定性のバランスを維持するために常に注意を払う必要があります。

自動化と最適なパフォーマンスの維持

自動化とピークパフォーマンスの維持: 完全ガイド

IT システムの自動化は、企業の技術インフラストラクチャの管理チェーンにおいて不可欠なリンクとなっています。私はシステム管理者として、繰り返しのタスクを実行するだけでなく、Windows サーバーと Linux サーバーの最適なパフォーマンスを維持する上でも自動化の重要性を理解しています。この記事では、自動化がシステム リソースを効率的に管理し、最高のパフォーマンスを維持するのにどのように役立つかを見てみましょう。

定期的なタスクの自動化

繰り返しのタスクを自動化するには、スクリプトまたはソフトウェア ツールを使用して、人間の介入なしで繰り返しのアクションを管理することが含まれます。このアプローチにはいくつかの利点があります。

  • システム管理者の時間を節約します
  • ヒューマンエラーの削減
  • 実行されるタスクの速度と精度の向上

Linux 用 Ansible や Windows 用 PowerShell などの自動化ツールは、ソフトウェア更新、ログ監視、システム構成管理などのタスクを実行するために不可欠です。

システムパフォーマンスの監視と調整

パフォーマンス監視とは、システム リソース (CPU、メモリ、ディスク容量など) の継続的な測定と分析を指します。 Nagios や Zabbix などの自動化ツールを使用すると、パフォーマンスが事前に設定されたしきい値から逸脱するとすぐにアラートを受け取ることができます。

次の表は、システム リソースの単純なしきい値構成を示しています。

リソース アラートしきい値 クリティカルしきい値
CPU使用率 > 70% > 90%
ディスクスペース <20% 無料 < 10% 無料
使用メモリ > 80% > 95%

さらに、Windows の PerfMon や Linux の sysstat などのツールを使用すると、システム パラメータを動的に変更してリソースの分散を改善することでパフォーマンスを調整できます。

アップデートとパッチのプロアクティブな管理

アップデートとパッチを積極的に管理することは、システムのセキュリティとパフォーマンスにとって非常に重要です。自動化により次のことが可能になります。

  • ピーク時間外にアップデートをスケジュールして実行する
  • セキュリティ パッチが公開されたらすぐに適用できるようにするため
  • 更新後のシステムの整合性を検証するには

冗長性と災害復旧計画

最適なパフォーマンスを維持するには、冗長性と災害復旧計画 (PRA) 戦略を自動化することも必要です。データ レプリケーションやフェイルオーバー自動スクリプトなどのソリューションにより、コンポーネントに障害が発生した場合でもサービスの継続性が保証されます。

自動化は、IT システムのパフォーマンスを最適化し維持するために不可欠なベクトルです。プロアクティブな監視、リソース バランシング、更新管理、冗長戦略はすべて、自動化されると、安定した効率的なインフラストラクチャを保証する要素です。ただし、これらの自動化を慎重に設計し、常に変化するテクノロジーやビジネス要件に適応できるように最新の状態に保つことが不可欠です。

システム管理者としては、自動化を採用するという選択肢は決してありません。これは、効率的な管理と高品質の IT 環境を保証する当社のビジネスの基本的な要素です。

  • この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)
    Binding : Taschenbuch, medium : Taschenbuch, ISBN : 4041049938
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質を高める秘訣~
    Binding : Taschenbuch, medium : Taschenbuch, ISBN : 4479782990
  • 13歳から分かる! 7つの習慣 自分を変えるレッスン
    Binding : Taschenbuch, medium : Taschenbuch, ISBN : 428420470X
Jean-Luc Pircard

Jean-Luc Pircard

Je suis un passionné de l'informatique qui aime les défis et les nouvelles technologies. J'aime découvrir de nouveaux systèmes et s'améliorer constamment.

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.