ウィンドウズ

Windows 11でバックグラウンドアプリを無効にする方法は?

By Jean-Luc Pircard , on 2月 16, 2024 , updated on 2月 16, 2024 — Windows 11 - 1 minute to read
Notez-moi

Windows 11 のバックグラウンド アプリとは何ですか?

バックグラウンド アプリは、Windows 11 オペレーティング システムのバックグラウンドで実行されるプログラムで、追加機能を提供したり、リアルタイムで情報を更新したりするように設計されています。

Windows 11 のバックグラウンド アプリとは何ですか?

Windows 11 では、多くのアプリをバックグラウンドで実行できるため、ユーザー エクスペリエンスが向上します。ここではいくつかの例を示します :

  • ウイルス対策: Windows Defender などのウイルス対策アプリケーションは、システムをマルウェアから保護するためにバックグラウンドで実行されます。
  • メッセージング: Outlook や Thunderbird などの電子メール アプリケーションは、新しいメッセージを通知するためにバックグラウンドで実行されるように設定できます。
  • ソーシャルネットワーク: Facebook や Twitter などのソーシャル メディア アプリケーションをバックグラウンドで実行して、連絡先の最新のアクティビティを常に通知できます。
  • アプリを同期する: Dropbox や Google Drive などの同期アプリはバックグラウンドで実行され、ファイルを更新してクラウドにバックアップします。
  • アプリを更新します。 Windows Update などの更新アプリケーションをバックグラウンドで実行して、最新のシステム更新をダウンロードしてインストールできます。

Windows 11 でバックグラウンド アプリを管理するにはどうすればよいですか?

Windows 11 には、バックグラウンドで実行されるアプリを管理するためのオプションが用意されています。それらを管理する方法は次のとおりです。

  1. 権限管理: [設定] で、[プライバシー] セクションに移動し、[バックグラウンド] タブに移動して、バックグラウンド アプリの権限を管理できます。
  2. バックグラウンドでのアプリケーションの停止: バックグラウンド アプリケーションがシステム リソースを過剰に消費している場合は、タスク マネージャーに移動してバックグラウンド アプリケーションを閉じることができます。アプリケーションを右クリックし、「タスクの停止」を選択します。
  3. バックグラウンドアプリを無効にする: バックグラウンド アプリを完全に無効にしたい場合は、[設定] で [アプリ] セクションに移動し、[バックグラウンド] タブに移動して無効にすることができます。

一部のアプリケーションは正しく機能するためにバックグラウンドで実行する必要があることに注意することが重要です。バックグラウンド アプリを無効にする前に、その結​​果を必ず理解してください。

Windows 11 ではなぜ重要なのでしょうか?

バックグラウンド アプリは、通知、自動更新、データ同期などのリアルタイム機能を提供することでユーザー エクスペリエンスの向上に役立つため、Windows 11 では重要です。また、潜在的な脅威を検出して防止することにより、システムのセキュリティにも貢献します。

結論として、Windows 11 のバックグラウンド アプリはオペレーティング システムの重要な側面であり、追加機能とリアルタイムの更新を提供します。システムのパフォーマンスを維持しながら最適なユーザー エクスペリエンスを確保するには、これらを正しく管理することが重要です。

なぜバックグラウンドアプリを無効にするのでしょうか?

なぜバックグラウンドアプリを無効にするのでしょうか?

スマートフォンやコンピューターを使用するとき、私たちは同時に多くのアプリケーションを開く傾向があります。それらの一部は、私たちが積極的に使用しなくなったとしても、バックグラウンドで実行され続けます。しかし、これらのバックグラウンド アプリを無効にすることがなぜ重要なのかご存知ですか?この記事では、デバイスのパフォーマンスを向上させ、バッテリー寿命を節約するために、これらのアプリを無効にすることが推奨される理由を説明します。

1. バッテリーを節約する

バックグラウンド アプリを無効にする主な理由の 1 つは、デバイスのバッテリーを節約することです。実際、これらのアプリケーションは使用していないときでも動作し続けるため、エネルギーを消費します。バックグラウンド アプリをオフにすることで、バッテリー寿命を延ばし、最も必要なときにバッテリー切れを回避できます。

スマートフォンでバックグラウンド アプリを無効にするには、アプリの設定に移動し、「バックグラウンドでの実行を許可する」オプションを無効にします。コンピューターでは、タスク マネージャーを使用して、重要でないプロセスを停止できます。

2. パフォーマンスの向上

バックグラウンド アプリを無効にすることで、デバイスのパフォーマンスを向上させることができます。同時に実行しているアプリケーションが多すぎると、システムの速度が低下し、遅れや速度低下が発生する可能性があります。これらのアプリケーションが占有しているメモリとシステム リソースを解放することで、デバイスがよりスムーズかつ応答性良く動作できるようになります。

また、一部のアプリケーションはバックグラウンドでもかなりの量のシステム リソースを使用する可能性があり、デバイスの全体的なパフォーマンスに影響を与える可能性があることに注意することも重要です。これらのアプリケーションを無効にすることで、システムの負荷が軽減され、全体的な効率が向上します。

3. プライバシーの保護

バックグラウンド アプリは、位置情報、連絡先、閲覧履歴など、デバイス上の一部の機密情報にアクセスできる可能性があります。これらのアプリケーションを無効にすることで、データ漏洩のリスクを制限し、プライバシーを保護します。

また、一部のバックグラウンド アプリケーションが当社の知らないうちに個人データを収集する可能性もあります。これらのアプリを無効にすることで、アプリ開発者や広告主と共有される情報をより適切に制御できるようになります。

4. リソース使用量を最適化する

バックグラウンド アプリケーションを無効にすることで、デバイスのリソースの使用が最適化されます。同時に実行するアプリケーションが多すぎると、メモリ、CPU、その他のシステム リソースが同時に使用され、競合や速度低下が発生する可能性があります。

バックグラウンド アプリケーションを制御し、実際に必要なアプリケーションのみを実行できるようにすることで、他のより重要なタスクやアプリケーションにリソースを解放できます。これにより、デバイスの使用が最適化され、本当に必要な場所にリソースが確実に割り当てられます。

デバイスのバックグラウンド アプリを定期的にチェックし、必須ではないアプリを無効にして、バッテリーの節約、パフォーマンスの向上、プライバシーの保護、リソースの使用の最適化を忘れないでください。あなたのデバイスはあなたに感謝するでしょう!

Windows 11でバックグラウンドアプリを無効にする方法は?

Windows 11でバックグラウンドアプリを無効にする方法は?

Windows 11 を使用している場合、一部のアプリは、アクティブに使用していない場合でも、バックグラウンドで実行され続ける場合があります。これにより、システム リソースが過剰に使用され、コンピュータのパフォーマンスが低下する可能性があります。幸いなことに、これらのバックグラウンド アプリをオフにしてリソースを他のタスクに解放する簡単な方法があります。この記事では、Windows11でバックグラウンドアプリを無効にする方法を紹介します。

プライバシー設定によるバックグラウンドアプリの無効化

Windows 11 では、プライバシー設定を使用してバックグラウンド アプリを簡単に制御できます。その方法は次のとおりです。
1. タスクバーの「スタート」ボタンをクリックし、「設定」アイコン (歯車で表されます) を選択します。
2. 設定ウィンドウで、「プライバシーとセキュリティ」をクリックし、「バックグラウンドアプリ」をクリックします。
3. バックグラウンドで実行できるアプリケーションのリストが表示されます。アプリを無効にするには、対応するボタンを「オフ」に切り替えるだけです。
4. すべてのバックグラウンド アプリを無効にする場合は、ページの上部にある [コンピューターでのバックグラウンド アプリの実行を許可する] スイッチを使用することもできます。

タスクマネージャー経由でバックグラウンドアプリを無効にする

バックグラウンド アプリを無効にするもう 1 つの方法は、タスク マネージャーを使用することです。その方法は次のとおりです。
1. タスクバーを右クリックし、コンテキストメニューから「タスクマネージャー」を選択します。
2. タスク マネージャーで、[プロセス] タブをクリックします。
3. プロセスリストで無効にするアプリケーションの名前を見つけます。 「名前」列ヘッダーをクリックすると、プロセスを名前で並べ替えることができます。
4. アプリケーションを見つけたら、それを右クリックし、[タスクの終了] を選択して停止します。

バックグラウンドアプリケーションとシステムリソース

システムが適切に機能するには、セキュリティ アプリケーションやアップデート アプリケーションなど、一部のバックグラウンド アプリケーションが必要になる場合があることに注意することが重要です。バックグラウンド アプリを無効にする前に、その役割と、無効にした場合に起こり得る影響を必ず理解してください。
最後に、バックグラウンド アプリケーションを無効にするとコンピューターのパフォーマンスが向上しますが、機能が失われたり、自動更新が行われなくなったりする可能性があることに注意してください。バックグラウンド アプリを無効にした後に問題や不一致が発生した場合は、バックグラウンド アプリを再度有効にして通常の動作を復元することを検討してください。
これらの簡単な手順に従うことで、Windows 11 のバックグラウンド アプリを無効にし、コンピューターのパフォーマンスを最適化できます。特定のニーズに合わせて、自由に実験して設定を調整してください。

  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質を高める秘訣~
    Binding : Taschenbuch, medium : Taschenbuch, ISBN : 4479782990
  • この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)
    Binding : Taschenbuch, medium : Taschenbuch, ISBN : 4041049938
A LIRE  Windows 11 を最適化してパフォーマンスを最大化するにはどうすればよいですか?
Jean-Luc Pircard

Jean-Luc Pircard

Je suis un passionné de l'informatique qui aime les défis et les nouvelles technologies. J'aime découvrir de nouveaux systèmes et s'améliorer constamment.

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.